CDは売れない、今後アーティストはどうなるのか・・・

今日地元のデパートの書店に行ってきました。

そして、あることに気づきます。

CD売り場がない!

私が学生時代の頃CDがまだ売れており、そこのCD売り場には放課後よく通っていたものです。

大好きなアーティストのアルバムが発売されるのを大変楽しみにしておりました。

確かに現在CDをたくさん扱う店舗を見かけることはありません、CDはもう売れないのでしょうね。

現に私もCDを購入することはなくなりました。

全てApple Musicですませています。

またはYouTubeです。

でも、音楽を聴く時間は多くなったように感じます。

今まで聴けなかったジャンルやアーティスも月学料金で聴き放題なので、かなり聴くようになりました。

音楽業界も以前とは変わるべきだと思います。

現在はテクノロジーの発展により、それなりに勉強をすれば個人でも動画や音楽の編集もでき、音楽会社と契約をしなくても、

Webで公開をすることができます。

これはある意味音楽業界にとっていいことなのではと、個人的には思ってしまいます。

今までデビューすることができないで消えていった、才能のある人たちが、自分でプロデュースをすることができる。

要するに誰でも聞いてもらえるチャンスが巡ってきたということです。

こうなると下手なアーティストが増えるんじゃないかとか言われそうですが、

それこそ、いい音楽ならファンができるだろうし、逆ならば消えて行くんじゃないでしょうか。

これは聞く側にも発信する側にも良いことなのではないでしょうか?