一番理想のリーダーは人々はその存在だけを知っているでけである。

その次は人々を親しんで褒め称えるリーダー。

その次は人々が怖れるリーダー。

その次は人を馬鹿にするリーダー。

リーダーが人に仕事を任せることで、その仕事がうまく行った時に、人々は自信になる。

人々の能力をうまいように発揮させてあげる、それが大事なことなのかもしれない。

タオの考え方