最初にSTEM教育について知っていますか?
STEM教育(ステムきょういく)とは、Science(科学)、Technology(技術),Engineering(工学),Mathematics(数学)を並べた造語です。

この言葉を使い始めたのはアメリカ国立科学財団(NSF)がSMETという言葉を使い始めたのが元です。
なぜSTEM教育が注目され始めたのか、当時アメリカでSTEMという言葉が使われ始めた背景に人種間や所得階層間の教育格差が問題になりました。
それらを踏まえSTEM教育がアメリカでは重視されているそうです。

日本でも2020年の小学生のプログラミング必修化されたことを機会にして、STEM教育にも力をいれて欲しいなと思います。

今後AIの発展により仕事の自動化も進んでいき、衰退する職種も増えるでしょうし教育格差の問題も今後、仕事が専門家していくなかで格差は大きくなると思います。

そのような中で生き延びていこうとするにはどうしたらいいのか。
STEM教育を自身で取り組み勉強しようと思いました。