ちなみにプラナリアとはなんだろう。

wikipedia参照

プラナリア(英: Planaria)は、扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目ウズムシ亜目に属する動物の総称。広義には、ウズムシ目(三岐腸目)に属する動物の総称。さらに、渦虫綱に分類される動物の総称とする説もある。体表に繊毛があり、この繊毛の運動によって渦ができることから、ウズムシと呼ばれる。淡水、海水および湿気の高い陸上に生息する。

プラナリアは日本中の川の上流に生息しており、石や葉っぱの裏に張り付いているようです。
そういえば見たことあるような、ないような。

見た目はキモかわいいですが、能力がすごいらしく。
再生能力があるそうです。

頭を切断すると再生されるそうですが、その時に記憶も再生されるそうです。
これはとてもびっくりですね。

プラナリアは医療等に役立つとされ研究されているそうです。

再生能力を備えている動物は他にもおり、トカゲ、ヒトデ、鹿(角)、ホヤ、扁形動物(プラナリア)などが代表されるらしい。

このような再生能力はアニメや映画でおなじみだが、現実に応用できるとなると、とても興味深い、未来ではサイボーグなどを想像してしまうがサイボーグの皮膚などを人工的に作り、見た目は人間と変わらないようにでき、なおかつ脳死もしない記憶もメモリなどで増設可能。

このような未来が実現したらと一人妄想しました。