私はブログを何回かチャレンジしましたが今まで続きませんでした。

それは怖かったからかもしれません。

人に文書を読まれる。ということは他人に私という人物が評価されるということです。

それはとても怖いことです。

誰にも見てもらえない方が良いこともあるかもしれません。

それはノートに書く日記と同じです。

なぜかというと、自分の気持ちを人に見せなくていいからです。

嫌なことや出来ないこと、恥ずかしいことを日記に書きます。

それでは自分の中で終わりです。

ブログで書くことで、自分の事を人に知ってもらえる、また誰かは私のブログを見て同感して何かの解決の助けになるかもしれない。

そうして、失敗を繰り返さなくてすむ。

多くの知識や体験を皆んなで分ける事で、もっと素晴らしい人生が送れるかもしれない。

その一歩を進めるようにブログを書いて行きます。

より良い世界に憧れて。