皆さんこんにちはNEW WAVEのしゅんいちです。

前回の記事で「最近流行りのノマドとミニマリストについて調べてみた」

で書いたようにノマドの生活って男はつらいよの寅次郎みたいなんですよね。

寅さんとはドラマ男はつらいよの主人公、車寅次郎のことです。

的屋稼業を生業とする車寅次郎がひょこっと故郷の葛飾柴又に戻っては事件を起こすというハチャメチャなドラマです。

毎回日本中を旅しながらそのご当地で知り合ったマドンナに恋をする寅次郎。ですがその恋は実りません、いつも失恋をするか身を引くからです。

その恋が実れば寅次郎の旅は終わってしまいそうですしね。

寅さんの生き方は羨ましい

寅さんは家もなく旅をしていますが。寂しいでしょうか。

いえ寅さんは日本中を自由に旅をしていますが。

寅さんにはちゃんと帰る場所がある。

温かい家族や仲間がしっかりとまっていてくれます。

だから寅さんは安心して日本中を旅することができるのです。

男性なら寅さんをみて一度はあんな人生が送りたかったとか思うことがありそうです。

寅さん流の自由な働き方

寅さんの名言に「労働者諸君」「おいちゃん店じまいにするか」等の名言があります。

寅さんはお隣さんの印刷工によく労働者諸君といいます。

寅さんはけっしてお隣さんをばかにしているわけではないですが自分とは違う人達に挨拶の用な感じで話しているみたいです。

今だったら言葉尻を取られて炎上しそうですね。

また寅さんは美人に弱くお店をあっさり締めてしまいます。

それも寅さんがフリーで仕事をしているからできるのでしょうね。

そういえばスティーブ・ジョブズは彼女とデートの約束をしていて途中で会議が入り会議に行かなくてはならなくなりました。

そんな時スティーブ・ジョブズは公開をしたくないと、会議をキャンセルして彼女に会いに行きました。

このようなことを一般人がしていたらあっさりと首を切られますね。

まあ、紹介しておいてあれですが、めちゃくちゃなお話ですね。

こんな寅さんに憧れる若者はこれからも増えていくんでしょうね。