MAGOボタンとはシニア向けIoTとしてMIKAWAYA21株式会社が普段インターネットを使用しない高齢者でも簡単に操作できるようにと開発したIoTデバイスです。

操作としてはボタンを押す回数を調節して4つの機能を利用するらしい。
1回押すと天気災害情報で
2回押すとゴミ出しなどの暮らしの情報
3回押すと家族とのコミュニケーション
4回押すとコンシェルジュサービス

か、、、
ボタンを何回押すかなどを覚えないと行けないんでしょうね。

これからloTはどんどん増えていくのでしょうね、MAGOボタンのように、高齢者向けのloTは少なからず介護や身内の安全確認、コミュニケーションの役割もはたして必須のアイテムになりそうですね。

特に病院や介護施設、等でどんどん重宝されそうですね。
定期的に体温や脈拍や行動などをAIで管理しながら異変を感じて職員に知らせるなどを出来れば、看護師や介護士の仕事も減るのではないでしょうか。