本質的なものをやりたいね・・・

まず最初に本質的なものとはなんだろう。

流行りのもの古典的なもの。

今、巷ではプログラミングのスクールとかが流行っていて、

以前は英語、今、プログラミングである。

主にそのようなスクールの内容は Ruby on Rails 等を利用し何週間でマスターとかがメインとなっている。

Ruby on Railsは何かというと、Ruby という言語のフレームワークである。

少ないコードで簡単に開発ができるという大変便利なものだ。

ブログとかでよく言われているのが、初心者が最初にするものじゃないと言うことである。

例えば、絵とかで言うと、Illustratorやその他のイラストソフトは便利だけれどソフトに慣れてきても絵は上手くならない。

やはり、絵を上手くするにはデッサンなどを地道に行うのがソフトなどに依存しなくて良いのかもしれない。

いやでも、ソフトは便利だよね。

仕事だったら、工数を少なくできるように工夫するべきだし、ソフトを使って行くべきだ。

でも、ソフトなどに依存してしまうと、そのソフトを使わない環境に移動すると今まで積み上げてきた能力は役に立たなくなってしまう。

すぐには役にはたたないかもしれないけど、古典的なものも日常的に混ぜて行くと、色々と勉強になるんじゃないのかな?

と思ったよ。